なぜ?ストパーは、癖が取れないのですか?
という一般の方のご質問が多いようです。

『皆様は、ストパーをどのようなときにかけたい!と感じていますか?』

ここが問題です!

美容師の感覚は、ストパー=パーマやデジパーを取るためのもので、人工的な癖を取るため、薬品で落ちる範囲のくせを処理できればOK!ととらえています。
現代のストパーのクヲリティーは、さらに艶を求められているため技術的内容の変化と縮毛矯正技術での艶出し効果が混ざっ半ストパー!半縮毛矯正というようなニュアンスのものも出てきています。

ストパーは何を取るの?

何を取るためのもの?ここをはっきり抑えておいてください!縮毛矯正という技術は、強い癖!縮毛に対して、強い薬品を使い、強い効果の上がるアイロンで、毛髪を固定する技術です。『なにを取るのか?』もともと髪にある癖を取るためのの技術です。
ストパーは、人工的に作られた癖を取るための技術です。パーマやデジパーです。そしてこの境に関しては、現代のストパーでは、ゆるい癖は取れてしまいます。根元からかけるとボリュームダウンになりますが、縮毛矯正でかけるときよりは、そんなに取れません。あくまでも、デジパーやパーマをかけた部分にのみトライさせるものです。

ストパーで調節できる強さ!効果は?

技術を選べば、ストパー効果は、上がりますが、料金も上がります。例えば、ドライヤーで伸ばした場合、またストパーの薬剤設定のレベルで、(ゆるい薬剤設定)でアイロンをかけた場合などの技術がありますが、このアイロンを使ったストパーと縮毛矯正との違いは、薬品の違い、アイロンテクニックの違いで、その強弱が変えられています。ストパーの場合のアイロンは、スライスはやや大きめ引っ張るテンションは弱めでできるので、時間が早いということと、ダメージのリスクが低いので、美容師の精神的なストレスも低く多少は、お安くなっていると思います。ドライヤーを使ったストパーは、やや艶が出る方向になります。薬剤の調節できき方も変わりますが、ここの調節は、初めてのお客様で的確に調節できる技術者は、かなりの上級です。
このぐらいでいいという漠然的納得でしかないかもしれませんね・・・

癖が元々無い髪が最適!

ストパー・ブロウストパー・アイロンストパーなど技術者にご相談してください!綺麗にするという目標で、技術を選んでくれます。料金で判断しなければならないときは、ご自身の判断にお任せされると思います。美容師は、お金の判断は、強引にできません!その効果が下がるメニューで行うときは、ご納得の上受けるようお願いいたします。技術職は、綺麗である、納得のいく仕事で良い噂を立てたいものです。なので、綺麗になるためのメニューをお選びください。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい方は、下から入れます。